制服のお掃除方法

幼稚園かばんや制服のお掃除方法

幼稚園に通っていると、子供は毎日制服を汚して帰ってきますよね。元気に遊んでくれているのは嬉しいのですが、あまりに汚れが酷いようだと洗濯や掃除をしなければなりません。ただ、幼稚園の制服やかばんなどは単純に洗濯機に入れる訳にもいかず、お手入れ方法がよく分からないという悩みもよく耳にします。そのため汚れが気にはなっていても、なかなか手を出せない人も多いのではないでしょうか。実はごく簡単な方法で、汚れを落とす方法があるのです。

お手入れに必要なものは、どこでも手に入る重曹と布です。重曹は食用でも掃除用でも構いませんが、掃除用の方がより綺麗にできます。また、布もタオルなどで良いですが、マイクロファイバークロスなどの掃除用布だと更に良いでしょう。さて、具体的な掃除方法ですが、制服の場合は汚れ具合をまず確認します。泥や粘土などはあらかじめ水でサッと拭うなどして、汚れをある程度落としておきます。その後、重曹をひとつまみ落とし、水に濡らした布でポンポンと軽く叩くようにしていきましょう。この時、くれぐれも力を入れてゴシゴシ擦ったりしてはいけません。生地が傷んでしまいますし、擦らなくてもきちんと汚れは落とせます。これを何回か繰り返せば、汚れはほとんど目立たなくなります。ただ、絵の具の汚れは簡単に落ちず、水で濡らすと逆に広がってしまうことがあるので、無理せずクリーニングなどプロに任せましょう。

かばんの掃除の場合も、同じく重曹をひとつまみ落とし、濡らした布で拭いていきます。幼稚園カバンは丈夫な素材で作られているので、力を入れて拭いても構いません。溝や隙間に重曹を刷り込むようなイメージでやると、隅々までピカピカになります。また、かばんの中も重曹が使えるので、同じようにお手入れしてください。その際は、かばんの中身は全部出してから行いましょう。幼稚園かばんの中には、何故か砂やゴミがたくさん入っているものです。そのまま掃除してしまっては、汚れを広げる結果にもなりかねませんので、事前に必ず中身をチェックしましょう。

このように、幼稚園の制服など一見掃除が難しそうなものでも、十分お手入れする方法はあるのです。毎回クリーニングなどに出していてはお金もかかってしまうので、重曹を使って落とせる汚れは自宅で綺麗にしてしまいましょう。ただ、汚れ具合の見極めは大切です。大きな汚れや酷い汚れは、自分では無理なことも多いので注意してください。