何歳から制服を着る?

何歳から幼稚園で制服を着用するのでしょうか

何歳から幼稚園で制服を着用するのか疑問に思っている方も多いはずです。ほとんどの場合幼稚園で制服を着用するのは年少さんからです。年少さんは入学時の年度4月2日以降生まれから翌年の4月1日までで3歳になる学年です。
以前は今の年中さんに当たる学年から入園し2年間幼稚園に通うのが主流でしたが、最近は年少さんから入学して3年間幼稚園に通うのが一般的です。また、年度末には世帯ごとに納税額から算出して毎月の入園費に対する割戻金がありますが、その割戻金も年少さんから対象になります。

現在では保育園だけでなく幼稚園も3歳未満の園児の入園も行っているところが増えています。保育園と違って、母親の就業状況に関係なく預かっているので、2人目3人目の産休中も通わせる事が出来る事から人気を集めています。幼稚園によっては0歳児から在籍しています。0歳児は当然おむつが替えやすいベビー肌着やロンパースなどで過ごしています。また、年少さん以上も普段幼稚園では体操服で過ごしていることが多いです。通学時に制服を着用する幼稚園もありますが、多くは入園式や発表会などのイベント事に着用します。

年少さんから入学式や歌の発表会、卒園式などの時に制服を着用する機会が出てきます。園によっては年少さん以下の学年も発表会など実施するところもあるようですが、普段が私服で過ごしていたり、体操服で過ごしていたりするところがほとんどなので、イベントの際も同じ服装がほとんどです。また、春からではなく途中から入園する園児や、転校などに伴って中間時期から通い始める園児は、発表会等の予定が近く制服の用意がない場合、イベント当日はお休みしていいです、と案内されるケースが多いようです。
年少さんから入園したとしても3年間幼稚園に通う間に、この時期の子供は身長も体重もどんどん大きくなります。制服を注文する際に年長さんまで着ることを考えて大きめのサイズを注文しますが、入園の春当初はまだぶかぶかで、ズボンの裾や上着の袖をまつり上げたりして着ている子供が多いのです。年少さん以下の学年から着始めると、途中で買い直さなければワンサイズで幼稚園生活の間過ごす事は無理があります。

何歳から制服を着用するのかと言うと、ほとんどの場合3歳から。学年で言うと年少さんからになります。小学校に上がると一般的な公立の小学校では私服になりますのでそれまでの間ということになります。