制服と遊び

幼稚園の制服と遊びの関連性について知ろう

幼稚園では、多くの場合制服を着用するのが普通となっています。毎日洗う必要はありませんが、夏場は汗をかくので毎日洗う必要があり、また、幼稚園で泥んこ遊びなどをした場合には、入念に選択する必要があります。しかしながら、自宅での選択には限界があります。泥が付いた場合には、他の洗濯物と別々にして洗ったり、風呂場で汚れを落としてできるだけ綺麗にして洗濯する必要があります。では、手間をできるだけ省くにはどうすればよいのでしょうか。幼稚園児は予期せぬ遊びをよくするため、万全の対策が必要ですね。

幼稚園児の遊びはおままごとなど屋内でするものを始め、お絵かきなどがあります。これらは問題がありませんが、場所が外となると状況は変わってきます。外では、鬼ごっこや砂場遊びなどがあり、いずれも服が汚れる可能性があります。いくら注意しても、子供はこういう遊びをやってしまいます。そのため、制服が汚れても良いように、準備をしておくと良いでしょう。まず、制服を複数用意しておくことです。雨で洗うことができなかったり、十分に乾かなかった場合でも、2着以上あれば代わりに来ていくことができます。子供がいる場合には、おさがりとして利用することもできます。洗濯するときにも注意すべきことがあります。洗濯すると縮んでしまうことがあります。縮んでしまうと着れなくなってしまうこともあるため、洗濯する際には細心の注意を払いましょう。最近では、ドライクリーニングなどがあり、専門店でも洗濯とともにクリーニングを行ってくれます。ただし、要望をきちんと伝えておかないとトラブルのもとになります。縮んでしまったら、元には戻りません。幼稚園に行くのは1年間であるため、子供が一人しかいない場合に2着以上持っておくのはもったいないということもあるかもしれません。ただし、幼稚園では年間を通じてお遊戯会や七夕祭りなどイベントがたくさんあるため、念のために持っておくことは必要であると思います。

制服は何もしなくても汚れてしまうものですが、毎日洗う必要はありません。園児が幼稚園で何をしたのかによっては、洗う必要もありますが、軽いタオルに水を含ませて軽く拭きとるだけでも十分に汚れは落ちます。また、市販されているスプレーも併用することで、汗のにおいなどに関しては問題がないと言えます。洗っていくうちに、型崩れなどを起こしてしまうこともありますが、仕方ないことだと思います。